社長ブログ

うそ・・・

早や11月です(^^)

 

紅葉の季節!

で、紅葉(もみじ)と「かえで」の違いにつ

いてご存知ですか・・・?(‘_’)

そもそも「もみじ」という植物は存在せず、

葉の色が赤や黄色に変わる植物の総称を「も

みじ」というそうで、その代表的樹木が「か

えで」だそうです。

コ ン ゲツ ノ  ミ ニ  ザツ ガ ク・・・(^^ゞ

 

 作家 向谷匡史さんの『成功する人だけ

が知っている「ウソの技術」』という本を

読みました。今日はその中に紹介されてい

た、なるほどね・・(^’^) の実話です。

 

 建設下請け会社で庶務部長の田所係長(

仮名)が定年退職で会社を去ることになっ

た。

「いるのかいないのかわからない存在」の

「万年係長」と周囲から嘲笑されて40年。

送別会もなくまさにあと数日で会社から自

然消滅するという夕刻のことだった。

同じ会社に勤める、若手営業マンの稲垣く

ん(仮名)が会社近くの繁華街で万年係長

とバッタリ会ってしまう。

係長「よう」

稲垣くん「どうも」

係長「これからどこへ?」

「アパートに帰ります」と言った瞬間、稲

垣くんは「しまった」と思ったが時すでに

遅し^^;

「そう、じゃちょっとそこらで一杯やろう

よ」

帰宅すると言った手前、今さら用事がある

とも言えず、しかたなく焼き鳥屋に行くこ

とに。

 飲むにつれ、酔うにつれ、係長の口から

出るのは愚痴ばかり。「社長のワンマンぶ

り」から「給料の安さ」「部長や課長、周

囲の人たちの自分を見下ろした態度」など

溜まりに溜まった会社への不満が口から噴

き出たことに、稲垣くんは驚きを隠せませ

んでした。

会社では何一つ不満を聞いたことがないの

に、こんなにも溜まった思いがあったとは

・・・(@_@;)

 係長は最後に、「稲垣君、きみもこんな

会社に入ってきて気の毒だね。私のように

ならないうちに早いとこ転職先を見つけた

方がいいよ」とアドバイスするのだった。

 

 「今振り返っても、あのときなんであん

な受け答えをしたのか、自分でも心境がよ

くわからないんですが」

と稲垣くんが言う。

こんな会社に入ってきて気の毒だね・・

と酔って繰り返す田所係長に、稲垣くんは

こう言ったのだ。

「でも、この会社に入ったおかげで、田所

係長とお会いすることができました。会社

に感謝しています」

 田所係長と特に親しいわけでもなかった

自分がなぜそんなことを口走ったのか・・

「たぶん・・・」と稲垣くんがそのときの

気持ちを推察する。

「退職していく上司に気持ちよく去っても

らいたいとカッコつけたんだと思います」

ところが・・・・・

稲垣くんのその言葉を聞いた係長・・・

 

泣いたのだ。

 

係長は目に涙をいっぱいためて、

「ありがとう」

声を詰まらせながら、

「君のその言葉で、私の会社人生は幸せだ

ったと思う。不満もたくさんあるけど、こ

の会社に勤めてよかった。本当によかった」

 

そして稲垣くんの手を両手で握ったという。

稲垣くんのたった一言のウソで、田所係長

は満足して会社を去っていくことができた。

 

「ウソ」はいけないことかもしれない・・。

しかしウソは、時として真実以上に人の心

を揺さぶり、救うことがある。

 

・・・いい話ですね(^^)

世の中には、絶対ついてはイケない「嘘」

と、そうじゃない「ウソ」があるんですね

(^^)v

ここを間違うと・・・

取り返しがつきません・・・

建設は死闘・・・

破壊は一瞬・・・なのです(/_;)

大きく見せなくていいんです。

虚勢を張るほど墓穴に近づきますよ~

(^^ゞ