社長ブログ

おもいやり・・・

さあ、いよいよ師走突入です (^^ゞ

 

2020 TOKYO からの~

大阪万博!決まりましたねえ (^o^)/

楽しみです (^^♪

 

 

   さて、いつものご飯屋さんで、よくご

一緒になる前河さん(仮名)・・・学術

書の出版会社を長年経営され、私に対し

てもとても気さくに、難しいことでも解

りやすく教えてくださいます(^.^)

  今日は、この前河さんからお聞きし

た話です・・・

 

 先月のある夜、前河さんが出張を終

え最終の新幹線で駅に降りると、タク

シー乗り場に長蛇の列ができていまし

た。

 

「ありゃまあ  (*_*;」

前河さんは仕方なくその列に並びま

した。すごく疲れていて、とにかく

早く帰って、ゆっくりお風呂に入る

ことばかり考えていたそうです(^^)

 前河さんの前に並んでいたのは、

杖をついた上品なご老人・・・。

 1 時間近くも待って、やっと前の

ご老人の番になり「次は自分  ・・」

と、ほっと思った瞬間、突然、その

ご老人が振り向いて言ったのです。

 

「どうぞお先に乗ってください」

 

「えっ?」とご老人の顔を見ると、ご

老人は前河さんではなく、その後ろに

並んでいた若いご婦人に声をかけたの

でした。

 見れば、そのご婦人は赤ちゃんを抱

きベビーカーにも買い物の荷物が・・・

 いくら疲れていたとはいえ、すぐ後

ろにどんな人が並んでいるのか気にし

なかったとは・・と気恥ずかしくなっ

たそうです(-_-;)

 そのご婦人は、ご老人と前河さんに

丁寧にお礼を言い、タクシーに乗って

去って行きました。 お礼を言われて

余計恥ずかしくなった前河さんでした

が、このあと、このご老人は、もっと

スマートな(粋な)行動に出られます。

 なんとこのご老人、ごく自然に、前

河さんの後ろに並び直そうとされたの

です。

 たしかに、次の車に乗る権利があっ

たのは前河さんだったのに、それを飛

ばしてご婦人に譲ったのは、ご老人の

勝手な判断でした。

だから、当然のこととして、前川さん

の後ろに並び直そうとされたのです。

「い、いえいえ、どうぞお先に乗って

ください」 とご老人を止める前河さん。

「ではお言葉に甘えます」と会釈しな

がらご老人が乗ったタクシーを見送り

ながら、前河さんは思ったそうです。

 

 「あのご老人は、自分より弱い者を

思いやり、しかも私に対しては 「筋」

を通そうとした ・・・

それに引き換え、自分のほうは、疲れ

ているとはいえ、早く帰って風呂に入

りたいことで頭が一杯だった  (/_;)

私は、人として・・・負けた」と。

 

 せちがらい世の中・・・先にゆずら

れたご婦人も、お礼も言わず当たり前

のような顔で去っていき、自分の番で

でもないのに「なに勝手に順番変えて

るんや(`^´) 」  と後方で絡むような

目で睨みつける人も多い中、風呂より

温まるいいお話でした(^^♪

 

 エレベーターの開ボタンを、全員

が降りるまで押していても、だれ一

人「お先です」とか「すみません」と

か 「 ありがとう 」  と言うどころか、

会釈すらしない人も多くて、悲しく

なるときがあります (*_*;

(@_@ ア ル ア ル  ~

 

そんなことにならないように・・・

急いでいる時や・・・

疲れている時こそ・・・

「気遣い」の余裕と・・・

「感謝」の気持ち・・・

を忘れては・・イケませんね (^.^)

 

人の心も、いつも以上に慌しくなる師

走こそ、こんな気持ちを忘れず、余裕

をもって無事故で、健康第一で、皆が

素晴らしい新年を迎えたいものです

v(*^。^*)v

 

本年もありがとうございましたm(__)m